就業規則に沿った管理が行える!

勤怠管理をしやすい就業規則の作成方法

大人数の従業員を抱える企業においては、一人ひとりの従業員が働きやすい環境を整えるうえで、就業規則の作成に力を入れているところが多くあります。また、人事担当者にとって、会社全体やそれぞれの職場内でのルールを明文化するために、就業規則の内容をしっかりと考えることが肝心です。
最近では、時間外労働や休日出勤などの従業員に負担がかかる働き方に対処をしようとする企業が増えていますが、場合によっては就業規則に沿ったタイムレコーダーを活用することで、従業員の過重労働を防ぐことがポイントです。その他、社会保険労務士などの外部の専門家に相談をすることで、企業の実情に合った就業規則について助言を受けることが有効です。

タイムレコーダーで勤怠管理をする時に注意したいこと

タイムレコーダーは、社員の出退勤時間や残業時間などを一目で把握するために便利な製品の一つですが、初めてこうした製品を導入するうえで、いくつかの注意点を理解することが大事です。まず、社員の人数が多い企業においては、タイムレコーダーの打刻忘れなどのトラブルが発生しやすくなるため、人事担当者や各部署の責任者が周りの社員に呼びかけをすることが肝心です。また、タイムレコーダーのデータを勤務成績の評価のために用いる際には、個人情報の取扱いに気を付ける必要があります。その他、タイムレコーダーの導入に掛かる期間やコストに関心があるときには、民間企業や官公庁などの間で需要の高い製品を扱っている業者に問い合わせることがおすすめです。

© Copyright Manage Time Recorder. All Rights Reserved.