タイムレコーダーの特徴を知って勤怠管理の効率アップ!

代理打刻されない機能がある

従業員がきちんと出社しているか、残業をどれくらいしているかなどを把握するためにタイムレコーダーの設置が良いかもしれません。以前のタイプは、タイムレコーダーが入り口などに置かれていて、その周辺に社員の名前が書いてあるタイムカードがあります。社員が自分でそれぞれに打刻をして、定期的に人事部などに報告をしていました。しかし、代理打刻などの問題がありました。残業をしていないように打刻をする人もいました。最近は不正打刻がしにくい仕組みが増えています。ICカードタイプは、社員証などとセットになったカードをかざして時刻を記録します。本人しか持っていないので、より正確に管理ができます。入退出と連動させると、残業時間も正確に分かります。

全国のデータを一元管理できる

タイムレコーダーとタイムカードのセットで勤怠管理をするとき、タイムカードがないとそれぞの勤務状況は把握できませんでした。全国に事業所があると、本社がある事業所の状況はタイムカードを見れば何とかわかります。しかし、他の事業所はタイムカードがありません。翌月などに提出されて初めて状況が分かります。残業が多くなっていても、すぐに指摘ができません。今は、タイムレコーダーがネットワークに接続され、リアルタイムに全国のデータが取れるようになっています。打刻されるとサーバにデータが記録されるので、問題のある就業があるとすぐに分かります。そしてすぐに指摘ができます。タイムラグがないので、問題点の指摘もしやすく、改善してもらいやすいです。

© Copyright Manage Time Recorder. All Rights Reserved.