新しい管理方法で勤怠管理が行いやすい!

そもそも、勤怠管理システムとは?

これまで、勤怠管理を行うのにタイムカードから手計算して残業時間の管理などを行っていなかったでしょうか。
最近の新しい勤怠管理システムは全てが自動化されています。労働時間が自動で集計され、総労働時間はもちろんのこと、残業時間管理、深夜残業時間管理、休日労働時間などを個別に集計することもできます。更には、残業代の計算等も自動的に行われ、深夜残業が多い人は自動的に抽出して健康診断を受けさせることも可能です。全てが自動化されるため、計算をする専任の人を付ける必要が無く、人件費が大幅に削減できます。データは共有可能ですので、社員全員が誰が出社しているのか手元のパソコンでわかるようになっていてとても便利です。

最近の勤怠管理はここまで進んでいる!

たとえば、家から直接外出する時には会社のタイムカードは当然押せません。しかし、最近の勤怠管理システムでは、スマートフォンと連携することで、GPS機能とインターネット機能を活用し、外出先からでも出社の打刻が可能です。GPSにて社員がどこにいるかもすぐにわかりますので、営業マンの管理などがとてもしやすくなっています。また、出社時にタイムレコーダーにICカードなどで打刻をするのが一般的でしたが、最新のシステムでは、指静脈認証や指ハイブリッド認証などが導入されているので、ICカードを忘れても大丈夫なようになっています。
また、クラウド機能を使用すれば関連部署とのデータの共有が可能となりますので、必要な情報を各部門がいち早く確認できます。

© Copyright Manage Time Recorder. All Rights Reserved.